【観劇】聖なる嘘つきたちの夜

今沙栄子さんの後輩にあたる山優香さんが初舞台と言うことで応援に行って来ました(`・ω・´)ゞ
c0049458_2105148.jpg


築地ブディストホールにて2015年12月23日(水)14時からA班の公演を見ました。

所で、このお芝居のタイトル凄く気になりません?
まさにオイラの事を書・い・t・? 書いていません(´・ω・`)
全く縁も縁もないお芝居でした( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \
と書いた7月のフェイクからテーマが嘘に始まり嘘で終わった今年の演劇鑑賞(´・ω・`)

この舞台、当初今ちゃん先生が出演するとのことでチェックしていました(`・ω・´)
いざ正式発表されると今ちゃん先生の名前が無い(´;ω;`)
後日知る所によると後輩に当たる新人の山優香さんに役を譲ったらしいとのこと。
今ちゃん先生は来年劇場公開映画の話もあるし事務所の意向も有ったのかな( ・ω・)モニュ?
いや、全くの想像ですけど(´・ω・`)

脚本は西島巧輔さん、演出は2丁拳銃の小堀裕之さん。

【あらすじ】
とあるクリスマスイブの夜、とある救急病院に、とある小説家が、交通事故によって瀕死の状態で運ばれて来た。かけつけた妻の綾子と長女の優子、次女の春子、そして優子の婚約者・太郎。そんな4人の前に、見知らぬ女が現れ、小説家がついていた嘘が明るみになる。必死にとりつくろう優子と太郎だったが、さらにそこへ空気の読めない次女の彼氏と仲間たち・事故の加害者・悩める手術中の医師・野次馬の入院患者たちがやって来て、嘘に嘘が重なった結果、聖なる夜はとんでもない騒ぎに…。果たして小説家は助かるのか?…というか、もはや誰も小説家の命に興味ない?!

どうですか?このベタ過ぎる設定(゚∀゚)アヒャ!
これを面白くするもありきたりなものにするも観客を含めて公演に立会った全ての人に掛かっています。

オイラが見た所、練りに練った良い出来だったと思います\\\\٩( 'ω' )و ////
ところがオイラも含めて観客のノリがイマイチ(´・ω・`)
左側の客席に一人はしゃいでるのが居たけどあれはあれで痛いですね( ・ิω・ิ)・・・
もうちょっと場の空気を読んでもらいたいものです、そこの童顔白髪野郎!

すみません、それオイラです(´・ω・`)

本日会場には折角なので、新橋駅から歩いて向かいました。
旧新橋停車場や歌舞伎座の前を通って築地本願寺へ。
c0049458_2103998.jpg

c0049458_2104239.jpg

c0049458_2104566.jpg

c0049458_2104753.jpg


もちろん築地本願寺ご本尊の阿弥陀如来様にもお参りしました(^人^)

帰りも阿弥陀如来様に挨拶をしてから築地本願寺を後にしました(^人^)
折角築地に来たのでお寿司でもと思い場外市場へ。
ここで優柔不断の決められない病に陥り一時間ほどぐるぐる歩き回ってしまいました(´・ω・`)
そうこうして居るうちに幾つかの店が閉まり、結局回転寿司に入る事になりました(´・ω・`)
場所柄大枚を叩くことを覚悟して居ましたが、、なんとか五千円以内に押さえました( • ̀ω•́ )b✧
c0049458_2143417.jpg


帰りも新橋駅まで歩いて帰りました(*´ω`*)
c0049458_2105496.jpg

[PR]
by jia4de | 2015-12-23 21:14 | 演劇鑑賞 | Comments(0)


<< 2015年12月のウォーキング実績 カラーライフ5 ウォータープル... >>