【観劇】十二人の怒れる人々

劇団空感演人プロデュース「十二人の怒れる人々」を観劇しました。

c0049458_16221048.jpg

会場:両国 Air studio(東京都墨田区両国2-18-7ハイツ両国駅前B1F)
日時:2017年1月21日(土)13:00開演 B 班

今回のお目当てさんは「こまちじゃないのこまつなこ。」がキャッチフレーズの小町なこさん( • ̀ω•́ )b✧
「小松菜大好きこまつなこ。」だったっけ( ・ω・)モニュ?
昨年観劇した「ハロウィンに悪魔はいらない」に出演していた女優さんです。

ハロ悪では最終日の昼公演に会場入りした途端に突然「昨日ぶりです!」と熱烈歓迎を受けました( ・ω・)モニュ?
そしてマチネ終演後に倉持聖菜さんと一緒にわざわざ挨拶に足を運んで頂きましたΣ(・ω・ノ)ノ!
何ッ?何ッ?一体全体何が起こったんだッ(゚Д゚;≡;゚д゚)

こうなったら、オイラも漢だッ( • ̀ω•́ )b✧
ツーショットチェキ指名しちゃうお(^ω^ ) ←ただの助平親父

そんなこともあり、例の千秋楽記事を書く切っ掛けになりました。

今回、小町なこさんは A 班で2号役、B 班で11号役とのことです。
当初 A 班だけの出演予定でしたが公演一週間前に急遽 B 班にも出演することに成りました。
私事ですが、この土日は観劇目白押し!
A 班の公演は時間的に難しかったのですが B 班なら観劇可能( • ̀ω•́ )b✧
ってな訳で応援に馳せ参じてきました(`・ω・´)ゞ

3号役の南優紀さんの迫真の演技に固唾を呑み、
8号役の井上大さん、9号役の宗政誠矢さんの心優しさに心癒される舞台でした。

我等が11号役の小町なこさんは差別的発言に嫌悪感をだき礼と笑顔を欠かさぬ役柄でした。
これは舞台中では触れられませんでしたが、11号には退き引きならない出生の秘密が・・・
昨年見た「十二人の怒れる女」の台本にはその事実が書いてあったのよ( ̄ー ̄)フッフッフッフッフ
今回お目当てさんだったので、つぶさに観察しました。
特に3号10号の差別的発言に対して、舌打ちをしながら下を向くような仕草や、睨み付ける視線。
席を替わって貰った6号役の大橋頼さんに顔の前で手を合わせニッコリ笑う姿は素敵でした(*´ω`*)

そういえば6号役の大橋頼さんは小町なこさんの事務所の先輩とのことです。


[PR]
by jia4de | 2017-01-21 16:28 | 演劇鑑賞 | Comments(0)


<< 【観劇】TERMINAL 今年の年賀状はお手軽版画でした >>