【観劇】ユーキース・ショーケース『激熱』 #舞台ゲキアツ

昨日の話ですが、
ユーキース・ショーケースさんの第4弾『激熱』を観劇しました。
c0049458_10142530.jpg
会場:STUDIOユーキース(東京都中央区八丁堀2丁目1-9川名第二ビルB1)
日時:2017年6月3日(土) 12:00開演のA班 16:00開演のB班 共に千秋楽
c0049458_10145507.jpg
今回のお目当てさんは詩萌さん( • ̀ω•́ )b✧
詩萌さんはB班の出演ですが、A班も観劇してきました。
初日以降連日面白いとのリツイートが流れてきて、それぞれ違うカラーに仕上げたとのこと。
二面舞台とのことで、何処から見たら良いのかと予めチェックしておきたいしね( ・ิω・ิ)・・・

詩萌さんは昨年の『ハロウィンに悪魔はいらない』に出演していた女優さんです。
そして、東京藝術大学出身のアーティストさんでもあります。
上野公園で定期的に行われている KOMOGOMO 展にも出店しているようです。
縁があって4月には作品を購入しました(*´ω`*)

当日は早めに劇場に到着し整理番号の11番を頂きました\\\\٩( 'ω' )و ////
舞台向かって左側の最前列ほぼ中央を確保(*´ω`*)
どうやらB班もこの辺りが好いらしいとの感触を得ました( • ̀ω•́ )b✧
因みにB班は先に支払いを済ませていたため5番を(σ・∀・)σゲッツ!!

物語の方は、いわゆるパラレルワールド物。
ありがちな異世界に飛ばされた主人公が活躍する話ではありません。
二つの世界の主人公、はるかと遥はある日アパートの壁を隔てて会話が出来るようになる。
近況報告やら、悩み事を相談したり、お互い励まし合ったり、時には言い争いも・・・、
勝ち組の遥、奈々、琴絵、負け組のはるか、なな、ことえ、それぞれの葛藤を描いたストーリー。

A班は内に秘めた熱い魂、B班は剥き出しの感情って感じのカラーでした。

個人的な見所は、二つの世界でそれそれ言い争うシーン。
はるかと遥、ななと奈々、ことえと琴絵の台詞をオーバーラップさせるシーンが好かった。
初めましてのキャストさんばかりで、誰と誰が言い争ったのか正直覚えて無いけどね(´・ω・`)
はるかとなな、遥と奈々の組合せと、ななとことえ、奈々と琴絵の組合せだったかな( ・ω・)モニュ?

我等が詩萌さんは一見成功した方の琴絵役。
遥に寄せる秘かな想い、叶わぬ願いと知りながらも近くに居たい。
その為なら何でもする。という役どころ。
上記ハロ悪では出番が少なかったので、今回はじっくり演技を観れました(*´ω`*)

某野良Dさんの真似っこ企画、気になった俳優さんのコーナー♪ぱふぱふぱふ~ッ♪。
B班奈々役の優月心菜さん。
遥に詰寄るシーンでは何となくコミカルにそして要所要所に鋭い言葉を投げかけました。
そこ台詞が軽くない?とか思わせ鋭くえぐり込む作戦だと気付いた時には遅かったΣ(゚Д゚ υ)
先にA班を見ていながらすっかり術中に、すっかりやられました(*´ω`*)

今回の戦利品
A、B両班のキャスト全員チェキと、詩萌さんとのツーショットチェキ。
紙吹雪を少々と、客席からは見難いと言われて急遽作ったというダミー乾燥わかめw
c0049458_10151335.jpg
劇場が八丁堀と日本橋の近くだったので、帰りにちょっと寄り道をしてきました。
ヤン・ヨースデン像
日本橋三丁目交差点にあるモニュメントで、ヤン・ヨースデンは八重洲の語源でもあるそうです。
c0049458_10150397.jpg
日本橋
c0049458_10150941.jpg

[PR]
by jia4de | 2017-06-04 10:22 | 演劇鑑賞 | Comments(0)


<< 第9回浅草かえるアート展 2017年5月のウォーキング実績 >>