【観劇】ひとり芝居企画はるさき『人類最後の一人』

ひとり芝居企画はるさきさんの『人類最後の一人』を観劇しました。
c0049458_12233771.jpg
会場:cafe&bar 木星劇場(東京都豊島区西池袋5-1-5 第二春谷ビルB1)
日時:2017年6月24日(土) 19:00開演
c0049458_12234181.jpg
今回のお目当てさんは渡辺咲季さん( • ̀ω•́ )b✧
1月に観劇した『慾張り羊のシャグラン』の時にチラシが入っていました。
半年後の予定だなんて思っていたのですが早いものですΣ(゚Д゚ υ)
c0049458_12234500.jpg
SF的な要素が強く、好きな人なら一度や二度は想像したことのある未来。
そんな世界を切なく力強く描いた作品でした(´;ω;`)ブワッ

『人類最後の一人』
会場入りしてすぐに異様なセットだなと正直思いました( ・ิω・ิ)・・・
観劇前にトイレに行きなるほど!と思いましたΣ(゚Д゚ υ)
辻明佳さん演じる「はるか」と逆の理由で同じことを以前友人が実践してたからです。
そんな「はるか」が直面している恐怖が痛いほど解かりました。
物語はそんなエピソードから始まり「はるか」のだめんず好きなエピソードを延々と・・・
素直に祝福出来ない切ないラストでした。

『人類最後の一人の観測者』
まぁ、タイトルからすぐにバレてしまうかもしれませんが、
人類最後の一人を外のせkうわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlp
渡辺咲季さん演じる「観測者」が男の子が妄想するリケジョとして結構好い線いってました。
よし!ネタばれを回避したぞ(;^ω^)
ある実験に対して失意や失望あるいは絶望を感じていました。
ラストの台詞は自分自身に言ったものかも知れないとも思っています。

『続・人類最後の一人』
辻明佳さん演じる悲観的な「先輩」と渡辺咲季さん演じる楽観的な「さき」のふたり芝居。
二人の性格を印象付けるショートコントと衝撃の切ないラストでした。

[PR]
by jia4de | 2017-06-25 12:24 | 演劇鑑賞 | Comments(0)


<< 【観劇】風雲かぼちゃの馬車‏ワ... 【観劇】643ノゲッツー『cl... >>