カテゴリ:映画鑑賞( 58 )

第6回 横浜中華街映画祭 2017 新旧キョンシー作品

先週に引続き、
第6回 横浜中華街映画祭 2017 に行って来ました。
c0049458_00414608.jpg
普段入館できない同發新館ホールで上映される何とも雰囲気のある映画祭です。
c0049458_00415495.jpg
本日の目的は新旧キョンシー作品!
c0049458_00420415.jpg
同發さんの特別ドリンク、キョンシーキョンシーも頂きました\\\\٩( 'ω' )و ////
c0049458_00421132.jpg
幽幻道士キョンシーズ1(デジタルリマスター版)
17:45~19:20
原題:殭屍小子
香港・台湾映画の話をすると度々話題に上がる幽幻道士。
テンテンやベビーキョンシーが可愛いと皆さん口を揃えます。
しかし、オイラこの作品は始めて観ました(´・ω・`)
この作品よりも一年程前に公開された霊幻道士はテレビ放映で見ているんですけどね(´・ω・`)
スタンド・バイ・ミーとかグーニーズとか子供が主役の映画に飽き飽きしていたかも(´・ω・`)
因みに霊幻道士は香港映画で、幽幻道士は台湾映画。
色々と記憶を遡ってみると、1987年にテレビ放映される四五年前には既にキョンシーの名前を知っていることが分かりました。
同じくテレビ放映された「燃えよデブゴン8≪鬼打鬼≫」あたりではないかと思います。
話の方は自業自得でしょうもないストーリーとΦ(._.#)
分かりやすいストーリーではあるけどね。
そして、テンテン可愛ゆす、三十年目の初恋( *´Д`*)カワユス

霊幻道士 こちらキョンシー退治局
19:40~21:15
原題:Vampire Cleanup Department
香港版ゴーストバスターズ?それともメン・イン・ブラック?
そんなプロローグから始まるまさかのラブコメΣ(゚Д゚ υ)
シウハー役の林明禎(Lin Min-chen)さんの可愛らしいこと( *´Д`*)カワユス
いじらしいかったり切なかったりと兎に角可愛ゆす( *´Д`*)カワユス
特にラストシーンでキョンシーが親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった・・・

中華街には一時間前位に到着、先週は時間が無かったので今日はちょっと散策。
天后宮の横浜媽祖廟と横浜関帝廟にお参りしました(^人^)
c0049458_00421546.jpg
c0049458_00421840.jpg

[PR]
by jia4de | 2017-10-09 00:52 | 映画鑑賞 | Comments(0)

第6回 横浜中華街映画祭 2017

昨日のはなしですが、
第6回 横浜中華街映画祭 2017 に行って来ました。
c0049458_08260561.jpg
普段入館できない同發新館ホールで上映される何とも雰囲気のある映画祭です。
c0049458_01090432.jpg
コール・オブ・ヒーローズ武勇伝
c0049458_01092644.jpg
11:30~13:30
原題:危城
英題:Call of Heroes
広野の七人などを思わせる勧善懲悪ものの黄金パターン\\\\٩( 'ω' )و ////
劉青雲(ラウ・チンワン)や古天樂(ルイス・クー)など香港映画スターが出演。
アクション監督の洪金寶(サモ・ハン・キンポー)がチョイ役で南方に遠戦していた護国軍の大将だったりと十分楽しめる作品でした。。
主役の一人彭于晏(エディ・ポン)演じる馬鋒(マー・フン)が彼を慕う子供たちに何処に行くの?と聞かれて「妖怪退治(打妖怪)」と答えるところにグッときました。

おじいちゃんはデブゴン
c0049458_01092829.jpg
13:45~15:25
原題:我的特工爺爺
英題:The Bodyguard
オープニングにR15表示を見て吃驚Σ(゚Д゚ υ)
流石洪金寶(サモ・ハン・キンポー)先生、映像として手抜きなしのガチなアクション!
そして、老いと家族の絆をテーマにした得意の人情ものに仕上がっています。
洪金寶(サモ・ハン・キンポー)先生の作品に多い若干強引な泣かせ方は否めないけどね(´・ω・`)
それでもクライマックスにはしっかり泣かされ、
スカッ\\\\٩( 'ω' )و ////
ほろっ(´;ω;`)
ほっと(*´ω`*)とする素敵な作品でした。

The Kids
c0049458_01093103.jpg
15:40~17:10
原題:小孩
英題:The Kids
『天安門、恋人たち』や『胡同のひまわり』を思わせるエピソードが含まれるストーリー。
登場人物がそれぞれ純粋な愛を渇望する作品でした。

牯嶺街少年殺人事件
c0049458_01093434.jpg
17:45~19:25
原題:牯嶺街少年殺人事件
英題:A Brighter Summer Day
小孩に比べて、純粋な愛に対して愛の見返りを求めるストーリー。
昨年の台湾新電影(ニューシネマ)時代やその時代の台湾映画が好きな人ならより楽しめる印象です。
[PR]
by jia4de | 2017-10-01 08:34 | 映画鑑賞 | Comments(0)

映画「ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years」

ザ・ビートルズ(THE BAETLES EIGHT DAYS A WEEK The Touring Years)を見ました。
c0049458_00531175.jpg
一寸時間があったので、角川シネマ新宿で見てきました。

ビートルズのデビューからアップル・レコー屋上でのライブまでの軌跡をたどるドキュメンタリ映画。
当時の社会情勢を絡めて振返る内容で興味深い内容でした。
広く世界の多くの世代に愛される理由を垣間見れる映画でした。

劇場限定公開として世界初の野球場での音楽コンサート、シェイ・スタジアムのライブが30分の4K デジタルリマスタリング版で見れる貴重な体験でした。

[PR]
by jia4de | 2016-10-30 00:55 | 映画鑑賞 | Comments(0)

第5回 横浜中華街映画祭 2016 と台湾の思い出

昨日に引続き、第5回 横浜中華街映画祭 2016 に行って来ました。
c0049458_21314188.jpg
普段入館できない同發新館ホールで上映される何とも雰囲気のある映画祭です。
c0049458_21314402.jpg
冒頭はいい加減コピペだとバレバレだろな(゚∀゚)アヒャ!

風櫃(フンクイ)の少年
11:30~13:10
原題:風櫃來的人
英題:The Boys from Fengkuei
予備知識無しに見た映画ですが、なかなか懐かしい地名が出てきました。
なんと物語の少年たちの出身の風櫃とは澎湖島にありました!
離島から高雄に向かう船のシーンで救命ボートに「高雄 澎湖」と書かれていて、おっと思いました。
下宿先のお姉さんに「あなたも澎湖から?」と聞いたり。
ラストシーンで兵役へ行く友達が「馬公で手続きをする」との返事をしていました。

物語中の風櫃の建物などは9年前に澎湖で目にした建物に非常に似ていました。
一寸違ったのは建物や塀が石やレンガをコンクリートで固めていて、サンゴを積み重ねただけのものではなかったこと。
当時聞いた話では、澎湖は風が強くて風を通す構造でないと崩れてしまうとのことでした。
同じ島内でも気候や風俗が違っていたのかもしれませんね。

風櫃を調べたら9年前に訪れていました。
当ブログでは詳しく書いていませんが、下のリンク先の日に訪れたはずです。

今日明日は島内観光

当時はまだフィルムカメラで頑張っていたころで撮影枚数も少なく下の二枚だけでした。
間欠泉ではありませんが、
波の力で噴き上がる噴水?があり、上は噴き出し口付近で下は海水が入る口を撮影したものです。
c0049458_21344839.jpg

今年のゴールデンウィークに行った高雄でも川沿いを歩いた愛河が映し出されていました。

坊やの人形
13:30~15:20
原題:兒子的大玩偶
英題:The Sandwich Man
表題の坊やの人形とシャオチの帽子(小琪的那頂帽子)、りんごの味(蘋果的滋味)と3話からなるオムニバス。
どの作品も1960年代という貧しい時代を映し出した作品です。
なんとなく後味の悪い映画でしたが、このあたりが台湾ニューシネマの特徴らしいですね。
駐留米軍大佐が家族内で二つの言語が存在していることに目を丸くしていたのが面白かった。

あの頃、君を追いかけた
15:35~17:25
原題:那些年,我們一起追的女孩
英題:You Are the Apple of My Eye
この作品は三年前に新宿武蔵野館で見た映画です。
三年前とは状況が変わり過ぎ去った過去ですお(;ω;`)
大学に上がってからの主人公のコートン(柯景騰)に感情移入してしまいます(´;ω;`)ブワッ
今この記事を書くために調べてみたらコートン役の柯震東も澎湖生まれのようです。

偶然ともいえる澎湖 day ですが、実は昨日今日と澎湖で買った文石を付けていました。
そんな思いを寄せて、台湾料理の状元郷さんで排骨飯と臭豆腐を頂きました(^人^)
そうそう、臭豆腐を初めて食べたのも澎湖だった(*´ω`*)
c0049458_21521695.jpg
天后宮と関帝廟へのお参りもしてきました(^人^)
c0049458_21540317.jpg
c0049458_21541025.jpg
そして、本日は農歴九月九日の重陽節です。
それらしいことはしていないけど、この記事をアップしたら菊花茶でも淹れて飲もう(*´ω`*)



[PR]
by jia4de | 2016-10-09 22:10 | 映画鑑賞 | Comments(0)

第5回 横浜中華街映画祭 2016

先週に引続き、第5回 横浜中華街映画祭 2016 に行って来ました。
c0049458_00152288.jpg
普段入館できない同發新館ホールで上映される何とも雰囲気のある映画祭です。
c0049458_00154835.jpg
朝一番から入るつもりがお寝坊してしまい、本日二作目からの観賞になりました(´・ω・`)

推手
13:35~15:20
原題:推手
英題:Pushing Hands
アメリカ人と結婚した息子を頼りにニューヨークに渡った老人が主役。
各々文化の違いに苦しみながらもお互い良好な関係を模索するストーリー。
一寸意外に感じましたが、90年前後の台湾でも日本で言うところの核家族化の波が押寄せていたのかもしれません。
新しい家族愛の在りかたを描いた作品でした。

ウェディング・バンケット
15:35~17:25
原題:喜宴
英題:The Wedding Banquet
上の推手と同じ李安(アン・リー)監督の作品で2年後に公開されたようです。
こちらも新しい家族愛の在りかたを描いた作品で、更に突っ込んだストーリーでした。

黒衣の刺客
17:40~19:30
原題:刺客 聶隱娘
大好きな舒淇(スー・チー)さん主演の時代劇映画w
本日見た映画の中で一番難解なストーリーでした(´・ω・`)
主要な登場人物が各々己の宿命に翻弄されるストーリーでした。

香港、華麗なるオフィス・ライフ
19:45~21:45
原題:華麗上班族
英題:Office
これは面白い!
始めセット?舞台?の作りがほぼシースルーで面喰いましたが(´・ω・`)
なるほど!
ミュージカルドラマと言うだけあって実にスタイリッシュで演劇らしい舞台装置です(^0-0^)
物語は段々と辛辣な方向へ向かいますが肩肘張らずに軽く見れる映画でした。
[PR]
by jia4de | 2016-10-09 00:19 | 映画鑑賞 | Comments(0)

第5回 横浜中華街映画祭 2016 台湾新電影(ニューシネマ)時代

第5回 横浜中華街映画祭 2016 に行って来ました。

普段入館できない同發新館ホールで上映される何とも雰囲気のある映画祭です。
c0049458_22555100.jpg
午後からの上映を見ようと思っていましたが、すっかり忘れていまして(^◇^;ゞ
取りあえず一作だけ見てきました(´・ω・`)

台湾新電影(ニューシネマ)時代
16:15~18:05

原題:光陰的故事・台湾電影
英題:Flowers of Taipei: Taiwan New Cinema
台湾ニューシネマとは1980年代前半に台湾映画界に生まれた潮流とのことです。
著名な映画監督や関係者が当時の映画に対する印象や思い出を語るドキュメンタリー映画です。
不勉強で申し訳ないのですが、そこで語られる映画はほんの二三作品しかありませんでした。
そんな訳で、若干・・・いやっ!かなり想像に任せて書かせてもらいますがw

インタビューを受けていた方々がしきりに空気感やフレーミングが素晴らしいと口をそろえる。
そんな所からか、本編の映像も素晴らしくフレーミングや間を大切にしていたように見えました。
思い出を語る出演者の背景を丹念に映し出したりしていました。
ひょっとしたら、当時の映画の手法を取入れながらの撮影だったのかもしれません。
当時の映画を知らないと何処で挿入した映画のワンシーンから戻って来たのか分からないほどでした。

ぶっちゃけ白状しますと、今年の映画祭は今一食指が動きませんでした。
この作品を見てから俄然興味が湧き最後にもう一度見たら腑に落ちるかもしれませんね。

後はこちらのスケジュール次第だけど(´・ω・`)

[PR]
by jia4de | 2016-10-02 23:22 | 映画鑑賞 | Comments(0)

映画「超高速!参勤交代 リターンズ」

映画超高速!参勤交代 リターンズを見ました。

辻堂のテラスモール湘南にある、109シネマズ湘南で14:35の上映。

前回同様いろいろ突込み所があるようですがそんなことは(゚ε゚)キニシナイ!

ネタばれ的ではありますが予告版でそれっぽいシーンがあるから書いちゃうけどね(゚∀゚)アヒャ!
今回はロードムービー色は若干抑え気味。
荒野のなんちゃらやなんちゃらの侍を意識したようなしてないような展開でしたw

[PR]
by jia4de | 2016-09-11 21:19 | 映画鑑賞 | Comments(0)

映画「丑刻ニ参ル」観ニ参ル(゚A゚;)ゴクリ

今沙栄子さんが出演している映画「丑刻二参ル」を見ました。
c0049458_044240.jpg


アーバンドック ららぽーと豊洲にあるユナイテッド・シネマ豊洲にて、20時半からの上映をみました。

11月14日公開!一週間限定レイトショーとのことです。
今沙栄子さんは17日と19日に舞台挨拶があるのですが平日なので断念(´・ω・`)

そもそもホラー苦手なオイラなのでパスしようと思っていたんですよ(´・ω・`)
当日は雨で出掛けることも出来ず、折角だから行ってみるかと意を決しました(`・ω・´)

何時もギリギリの時間で行動するオイラが何故か二時間以上も前に到着。
ショッピングモールの散策で時間が潰すのに苦労しました(´・ω・`)

初日は監督の川松尚良さんらによる舞台挨拶がありました。
主演の丑の刻参りを見てしまう青年健二役の小野塚勇人さん
心を患う健二の恋人美穂役の恒吉梨絵さん
健二を執拗に追う丑刻の女性の白須慶子さん

そして22:05頃に気分が悪くなり、これ以上はマズイなと自主的に退出しました(´・ω・`)
ホラー苦手なうえにグロ系の映像が流れるんだもん(;゙゚'ω゚'):グフゥ-
ホラーと言うよりは、誰もが少なからず周囲に対する嫌悪感ののようなモノを具現化したような…

まぁ、最後まで見てないけどね(´・ω・`)

今ちゃん先生が居る日だったら心配をかけるところでしたよ(;^ω^A)
[PR]
by jia4de | 2015-11-15 01:15 | 映画鑑賞 | Comments(0)

ギャラクシー街道

映画ギャラクシー街道を見ました。

茅ヶ崎のテラスモール湘南にある、109シネマズ湘南で16:50の上映。

三谷作品と言えば、( ゚Д゚)クダラネー ( ゚Д゚)ショウモネー ( ゚Д゚)バカバカシーという印象があります。
ところが一寸でも見ると最後まで目が離せなくなる不思議な魅力があります。
ストーリーの好嫌は別として、魅せ方が上手い監督なんじゃないかと思いますね(*´ω`*)
そういえば以前朝日新聞の連載でスペースオペラをやりたい。と書いていたような記憶もあります。

そんな三谷作品へのリスペクトに劇場でそれなりの覚悟をもって上映に挑みました(`・ω・´)
c0049458_2233936.jpg

ストーリーの方は良くも悪くも三谷流w
五月蠅い事は言わずに個々のエピソードを楽しみ笑った者勝ちな作品です。
クライマックスはそれらの個々のエピソードをググっと力技でまとめ上げるのも監督ならでは!

ルート246666の件は街道屋のオイラなりにニヤリとさせられました( ̄ー ̄)ニヤリ
[PR]
by jia4de | 2015-10-25 22:38 | 映画鑑賞 | Comments(0)

第4回横浜中華街映画祭2015最終日

10日(土)、先週に引続き横浜中華街映画祭に行って来ました。
c0049458_1092610.jpg


そして、今日は今年の最終日です。
午前中に行動していたので、本日は若干時間に余裕がありました( • ̀ω•́ )b✧
とは言っても30分程だけどね(´・ω・`)
c0049458_1093954.jpg

c0049458_109426.jpg


全力スマッシュ
c0049458_1093665.jpg

13:30~15:20
原題:全力扣殺
英題:Full Strike
実はこの映画、最新作で東京のシネマカリテで本日日本初公開です( • ̀ω•́ )b✧
そう!初公開の最新作が人知れず横浜中華街でも上映されました。
これは快挙ではないでしょうか?
物語の方は悪くはない。面白かったし涙を誘うシーンもある。
不満があるとしたら、バドミントン版「少林サッカー」という売り文句がよろしくない(´・ω・`)
確かに日本で爆発的なヒットを生み、知名度も高い作品ですが作品の質は全くの別物( • ̀ω•́ )b✧
全く独立した、逃してしまった青春を必死に取り戻す為にもがき苦しむストーリーです。

祝宴!シェフ
c0049458_1093017.jpg

15:45~18:10
原題:總舖師:移動大厨
英題:Zone Pro Site: The Moveable Feast
先週も書きましたが、お料理ラブコメディー、馬鹿バカしくも肩の力を抜いて楽しめる映画です。
先週吹替版を見ましたが、本日は原語版です。
台湾語でしょうか?聞き取れない言葉が多く字幕必須でした(´・ω・`)
それででしょうか?吹替版で台南のシーンが何故か日本の九州の訛りを思わせるような言葉でした。

そして本日は雙十節、台湾建国記念日で横浜中華街でも祝賀イベントがあったようです。
祝宴!シェフが終わり外に出ると、ちょうど中華獅子舞の採青が行われていました。
c0049458_1094627.jpg

まさに横浜ジャック&ベティ梶原支配人が思い描いていたいたシチュエーションでした。


今日はお呼ばれしているので、最終上映の「モンガに散る」は見ずに中華街を後にしました(´・ω・`)
おっと!折角中華街にきたから手土産でも買って行くか( • ̀ω•́ )b✧
何時も山下町公園の前で店を広げているおばあちゃんの店で粽子と大根餅を買いました(*´ω`*)
[PR]
by jia4de | 2015-10-11 10:57 | 映画鑑賞 | Comments(0)