カテゴリ:演劇鑑賞( 98 )

【観劇】チョコレイト旅団第8回公演『夭逝のおっぽ』

チョコレイト旅団さんの第8回公演『夭逝のおっぽ』を観劇しました。
c0049458_01011265.jpg
会場:小劇場 楽園(東京都世田谷区北沢2−10−18)
日時:2017年7月16日(日) 16:30開演の千穐楽
c0049458_01011642.jpg
今回のお目当てさんは倉地裕衣さん( • ̀ω•́ )b✧
12月には主宰を務めるフレイヤプロジェクトの公演があるそうです。

そのセットから富国強兵の空気が漂っていました。
物語中の台詞から盧溝橋事件直後らしいことが分かりました。
つまり、1937年(昭和12年)7月7日よりもあとらしい。

プロローグとエピローグから難解な感じがしましたが、本編だけ観ても十分楽しめる内容でした。
物語中にプロローグとエピローグにリンクした台詞などが多く、もしかしたら、プロローグとエピローグにこそ強いメッセージを込めたのかな?とも感じました。

宮野正昭刑事の話によると、今後監視社会が訪れる。
それは、特別高等警察だけではなく、市民のタレこみや五人組の復活を思わせる内容でした。
まぁ、実は日本の村社会では最近まで普通に行われていたはずなんですけどね( ・ิω・ิ)・・・
真っ先に下校したはずなのに学校で怒られたことが近所に知れ渡っているとかいうエピソードは笑い話として最近でもよく聞きます。
物語中では、カンボジアでのポル・ポト政権下や中国の文化大革命を思わせます。
僅かながらの権力を行使するための因縁や、私怨や嫉妬によるでっち上げなど・・・

浮谷泰史さん演じる宮野正昭刑事のいっけん無茶な主張の未来に起こりえる罪状は親近感をもった人達へ向けた優しさだったというところはほろりとしました。
まぁ、この辺は先週11日に改正施行されたテロ等組織犯罪準備罪(共謀罪)法案に関連したストレートな感情かなと・・・
大部恭平さん演じる外山冨夫の主義主張や信条とか大げさな物ではなく、もっと自然な感情だ。というような意味の台詞もグッときました。
台詞を全然正確に覚えて無いけどね(´・ω・`)

今回の作品では、そこに無いものを見せたり、有るものを見せない如何にもお芝居的な手法が物語にマッチしていたように感じました。
特に、宮野正昭刑事が流れ星を追いかけるシーンは何とも美しく感じました。
いや、ホントこれを書きたいがためにどうでもよい事を長々と書いちゃいましたよ(゚∀゚)アヒャ!

それで、帰りの電車の中でふと解かったのはタイトルの"おっぽ"って"尾っぽ"のことかとΣ(゚Д゚ υ)
いやいや、気付くの遅いよってね(´・ω・`)
てっきり誰かの名前か愛称だと思っていましたよ(´・ω・`)
[PR]
by jia4de | 2017-07-17 01:07 | 演劇鑑賞 | Comments(0)

【観劇】がらどら『穴熊』

ガラ劇、劇団龍門プロデュース公演「がらどら」さんの『穴熊』を観劇しました。
c0049458_22262779.jpg
会場:阿佐ヶ谷シアターシャイン(東京都杉並区阿佐谷南1-15-15)
日時:2017年7月9日(日)17:00開演のB班(千穐楽)
c0049458_22263081.jpg
今回のお目当てさんは中山ヤスカさん( • ̀ω•́ )b✧

当初あらすじから星新一さんの「おーい、でてこーい」を思い浮かべました。
この話は小学校か中学校の国語の教科書か副教材に掲載されていて深く印象に残る作品でした。

物語の方はその後の話という感じで、既に修正の出来ない問題が次々と怒濤のように噴き出す恐怖!
まるでパンドラの箱や大きな葛籠を開けてしまったかのようΣ(゚Д゚ υ)

今まで見て見ないふりをしてきたツケが一気に襲って来ます。
今ある最良の選択肢でさえ他の選択肢に比べたらまだましかな?という条件付き。
敵は己の内にある!そんな物語でした。

80年代不条理芝居というのもウリだったようです。
演劇を見るようになったのが最近なので、アングラ芝居ってこんな感じだったのかと思いました。
まぁ、なんというか後味の悪い作品でした(´・ω・`)

今回、劇場には珍しく開場の一時間程前に到着(`・ω・´)ゞ
阿佐ヶ谷駅周辺を散策しました(*´ω`*)

阿佐ヶ谷神明宮
全国で唯一の八難除の神社とのことです。
c0049458_22263873.jpg
阿佐ヶ谷世尊院の観音堂大悲殿
道路を挟んだ本堂の方は閉門していたので観音堂の方へお参りしました南無観世音菩薩( ̄人 ̄)
c0049458_22264190.jpg

[PR]
by jia4de | 2017-07-10 22:40 | 演劇鑑賞 | Comments(0)

【観劇】劇団時間制作『普通』

劇団時間制作さんの第十四回公演『普通』を観劇しました。
c0049458_00351534.jpg
会場:サンモールスタジオ(東京都新宿区新宿1-19-10 サンモール第3M-B1)
日時:2017年7月2日(日)14:00開演のB班 19:00開演のA班
c0049458_00351837.jpg
今回のお目当てさんはA班の今沙栄子さん( • ̀ω•́ )b✧
c0049458_00352130.jpg
そして、B班の熊野隆宏さん。
今沙栄子さんとは逆班でしたが、チケット購入優先順位に弾かれてしまいましたm(_ _)m
物販のブロマイドと差入れにて補填させて頂きました(´・ω・`)
そう言えば、あの差入れメッチャニンニクなので翌日本番のある日は控えた方が( ・ิω・ิ)・・・
c0049458_00352560.jpg
普通とは一体何なのか?
普通とはおおよそ大勢の人の総意である。

本当にそうなの?
実は声だかに主張する人間の自己満足に過ぎないという一面がある。

あなたの普通とは一体?
世間体?だたの自己満足?
あなたの信念に基づいた行動こそがあなたの普通!

そんな作品でした。

まぁ、法を犯さず、倫理に反さない限り。っていうのが大前提ではあると思うけどね(´・ω・`)
そして振り出しに戻る禅問答Σ(゚Д゚ υ)
そんな作品でした。

胡宇春の「因該這様我的一般般」と言う台詞にに全てが代弁されているようでした。
ツイッターでは元の台詞に引張られて「大概這様我的一般般」と訳したけどね(´・ω・`)

マチソワ間に観劇仲間と食事に出掛けました。
c0049458_00353987.jpg
途中見覚えのある大本堂が見えたので浄土宗太宗寺お参りしました南無地蔵菩薩さま(^人^)
c0049458_00353362.jpg
今回の戦利品は上にあげた今沙栄子さんと熊野隆宏さんのサイン入りブロマイドです(*´ω`*)

そして、某O寺さん界隈では注目度の高いフォンチーさんの演技を観ることが出来ました(*´ω`*)
c0049458_00354441.jpg

[PR]
by jia4de | 2017-07-03 00:39 | 演劇鑑賞 | Comments(0)

【観劇】風雲かぼちゃの馬車‏ワークショップ交流会『おかしな二人』

風雲かぼちゃの馬車‏さんのワークショップ交流会『おかしな二人』を観劇しました。
c0049458_00120724.jpg
会場:さくらリビング第1研修室(神奈川県横浜市西区桜木町1-1(ぴおシティ6F))
日時:2017年6月25日(土)
16:30(男性版チーム)
c0049458_00125813.jpg
18:30(女性版チーム)
c0049458_00131531.jpg
今回のお目当てさんは佐藤ららるさん( • ̀ω•́ )b✧
Dh/fuMyle!!! 所属のダンサーさんにして、風雲かぼちゃの馬車‏さんのパートナーシップアクトレスさんの一人です。

ミュージカル劇団による not ミュージカル作品と新鮮な雰囲気!

派手なジェスチュアと難解なアメリカンジョーク!
イメージしているアメリカンホームコメディの世界そのものの雰囲気でした。
作品からしてそっち系なんですけどね(´・ω・`)

アメリカンホームコメディというと一般的には『フルハウス』を思い浮かべるようですね。
オイラは『奥様は魔女』を思い浮かべます(´・ω・`)
個人的に秀逸だったエピソードは、地域一帯が停電になりダーリン一家だけ明りが灯っているのを見たお隣のおばさんが電気工事士を呼び現れた電気工事士が一言「大丈夫、直ぐに消えます」。
たぶんここがアメリカンジョークw

言語もジョークも文化に深くかかわりますから他国のものはなかなか難しいですね(´・ω・`)
台本に忠実に直訳でいくか?アレンジするか?はたまた全く作り直すか?
難しい問題だと思います。
某香港映画の吹替界隈では有名なアドリブがあったりなんかしちゃったりなんかしている訳です。

話が横道にそれましたが( ・ิω・ิ)・・・

解かりやすいキャラクターたちが織成すドタバタコメディ!
オスカーとフィリックス、オリーブとフローレンスのルームシェアは破局を迎えますが、お互い友人としては好い関係で終わったのはお互いノーマルな同性同士だったからでしょうか?
それとも欧米的なのでしょうか?

女性版で登場したTrivial pursuit(トリビアル・パスート)?
ググると Business Strategy 1973 っぽいですけど(´・ω・`)
c0049458_00295306.jpg
その他の写真はこちら
2017/06/26 21:54 リンク先のアドレスを張り間違えたため張り直しました。

[PR]
by jia4de | 2017-06-26 00:31 | 演劇鑑賞 | Comments(2)

【観劇】ひとり芝居企画はるさき『人類最後の一人』

ひとり芝居企画はるさきさんの『人類最後の一人』を観劇しました。
c0049458_12233771.jpg
会場:cafe&bar 木星劇場(東京都豊島区西池袋5-1-5 第二春谷ビルB1)
日時:2017年6月24日(土) 19:00開演
c0049458_12234181.jpg
今回のお目当てさんは渡辺咲季さん( • ̀ω•́ )b✧
1月に観劇した『慾張り羊のシャグラン』の時にチラシが入っていました。
半年後の予定だなんて思っていたのですが早いものですΣ(゚Д゚ υ)
c0049458_12234500.jpg
SF的な要素が強く、好きな人なら一度や二度は想像したことのある未来。
そんな世界を切なく力強く描いた作品でした(´;ω;`)ブワッ

『人類最後の一人』
会場入りしてすぐに異様なセットだなと正直思いました( ・ิω・ิ)・・・
観劇前にトイレに行きなるほど!と思いましたΣ(゚Д゚ υ)
辻明佳さん演じる「はるか」と逆の理由で同じことを以前友人が実践してたからです。
そんな「はるか」が直面している恐怖が痛いほど解かりました。
物語はそんなエピソードから始まり「はるか」のだめんず好きなエピソードを延々と・・・
素直に祝福出来ない切ないラストでした。

『人類最後の一人の観測者』
まぁ、タイトルからすぐにバレてしまうかもしれませんが、
人類最後の一人を外のせkうわなにをするやめrくぁwせdrftgyふじこlp
渡辺咲季さん演じる「観測者」が男の子が妄想するリケジョとして結構好い線いってました。
よし!ネタばれを回避したぞ(;^ω^)
ある実験に対して失意や失望あるいは絶望を感じていました。
ラストの台詞は自分自身に言ったものかも知れないとも思っています。

『続・人類最後の一人』
辻明佳さん演じる悲観的な「先輩」と渡辺咲季さん演じる楽観的な「さき」のふたり芝居。
二人の性格を印象付けるショートコントと衝撃の切ないラストでした。

[PR]
by jia4de | 2017-06-25 12:24 | 演劇鑑賞 | Comments(0)

【観劇】643ノゲッツー『closet』

643ノゲッツーさんの第25回公演『closet』を観劇しました。

c0049458_18005046.jpg

会場:エリア543(東京都杉並区井草5-5-25 西ビルB1F)
日時:2017年6月24日(土) 14:00開演

c0049458_18004202.jpg

今回のお目当てさんは斉藤優紀さん( • ̀ω•́ )b✧
もうすっかりその魅力に取り憑かれ好きな女優さんの上位に位置しています(*´ω`*)

勘違いが勘違いを生むハイスピード爆笑コメディ!
馬鹿馬鹿しくも最高のストーリーでした\\\\٩( 'ω' )و ////

冒頭、二之宮亜弥さん演じる「きのした」のぶっ飛び加減に笑いの下地を作られました。
そして斉藤優紀さん演じる「たちばな」のいで立ちとキャラに度肝を抜かれました。
確かに目を引くが巨乳眼鏡ッ娘ぷりに終始萌えっぱなしで、アレを枕に寝る姿にも(*´Д`)ハァハァ
あなたのハートには、何が残りましたか?

そんな二人の相手をする多田竜也さん演じる「そめや」も終始いっぱいいっぱいの様子。
でも、一番いっぱいいっぱいだったのがふじおかいさおさん演じる「しぶや」でした。
新本明恵さん演じる「てらだ」と関沢明日香さん演じる「みよし」の強気っぷりも物語に強いアクセントをつけました。

終盤「たちばな」と「てらだ」に謝りっぱなしの「しぶや」が「たちばな」に向けてかけた言葉にウルッときました(´;ω;`)ブワッ

今回70分ほどの作品で小さいながらも椅子のクッションが良くお尻に優しいのも前回『希望のゆくえ』同様でした。
643ノゲッツーさんの伝統なのでしょうかね?

そして西武新宿線上井草駅の例のアレ

c0049458_18003502.jpg


[PR]
by jia4de | 2017-06-24 18:11 | 演劇鑑賞 | Comments(0)

【観劇】GHETTOプロデュース第四弾『Big Mouth 2017』 #BIGMOUTH

GHETTOプロデュースさんの第四弾『Big Mouth 2017』を観劇しました。
c0049458_00192823.jpg
会場:THEATER BRATS(シアターブラッツ)(東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1F)
日時:2017年6月18日(日) 13:00開演の A 班 17:00開演の B 班 共に千穐楽
c0049458_00193304.jpg
今回のお目当てさんは A 班の稲妻凜音さんと B 班の桃瀬あやみさん( • ̀ω•́ )b✧
そして、山崎洋介さんとマペヲさん。

山崎洋介さんは GHETTOプロデュースさんの代表?主宰?さんです。
昨年10月に観劇した『ハロウィンに悪魔はいらない』のプロデュースはこちらでした。
氏は新宿ゴールデン街にある Bar GHETTO さんの店長でもあります。
ハロ悪以降、新宿や池袋辺りで観劇したさい帰りに何度か飲みに伺いました(*´ω`*)

稲妻凜音さんとマペヲさんは上記ハロ悪に出演していた。
稲妻凜音さんは後日ツイッターのアカウントをフォローしました。
マペヲさんはフォローこそしませんでしたが気になる存在でした。
お二方共、今回改めて挨拶致しました(`・ω・´)ゞ

そして、桃瀬あやみさんはハロ悪絡みで観劇した他の舞台に出演していました。
その後、上記の Bar GHETTO さんに初めて伺った時に偶然居合わせて隣に座らせて頂きました。
そんな縁もあり二度目の応援に駆け付けました(`・ω・´)ゞ

物語の方は自信過剰な主人公が借金のかたに新宿二丁目のショーパブに売られたところから始まります。
一癖も二癖もある同僚や客と付き合いながら徐々に成長していくストーリー。
ストリップ劇場を模した花道がある前後に長いステージを上手く使ってテンポの良い作品でした!

稲妻凜音さんが演じる中野希美は、つかみどころのない雰囲気がよく表されていたようです。

桃瀬あやみさん演じる近江未来は、PTSDに悩まされながらも主人公の遠野ソラと一緒に成長しているようでした。

マペヲさん演じるアシャンティ風間太郎は、もう、なんていうか、普通に女性にも見える役でした。

山崎洋介さん演じる元田実は、出番こそ少なかったですが、存在感の強い役でした。

今回の戦利品
舞台パンフレットを購入!
三枚一セットのブロマイド、稲妻凜音さん三セット、桃瀬あやみさん二セット、マペヲさん二セット。
c0049458_00194124.jpg
c0049458_00200906.jpg
A班のツーショットチェキ、稲妻凜音さんとマペヲさん。
c0049458_00194773.jpg
B班のツーショットチェキ、桃瀬あやみさんマペヲさん。
c0049458_00200594.jpg

[PR]
by jia4de | 2017-06-19 00:42 | 演劇鑑賞 | Comments(0)

【観劇】劇団fool第13回公演『華-HANA-』 #fool華

劇団fool さんの第13回公演『華-HANA-』(ハナ)を観劇しました。
c0049458_23100449.jpg
会場:中野 テアトルBONBON(東京都中野区中野3-22-8)
日時:2017年6月11日(日)14:00の公演(千穐楽)
c0049458_23100956.jpg
今回のお目当てさんは中山ヤスカさん( • ̀ω•́ )b✧
最早説明不要の実力派女優さんです。

御神町シリーズの三部作、いよいよ『華-HANA-』で完結編\\\\٩( 'ω' )و ////
『絆~彩演~』では全く油断していて公開されたビジュアルを見て慌てて予約(´・ω・`)
『言~彩演~』『華-HANA-』では確実に予約を取るために特別先行予約をしました( • ̀ω•́ )b✧
ところで特別先行予約とか劇団foolさん、絶対頭おかしい( ・ิω・ิ)・・・
予約したキャストさんからのメッセージや数々の特典がついてお値段そのままΣ(゚Д゚ υ)
c0049458_23145632.jpg
一ヶ月半程前と早くから予約を入れる。ってだけなのにね( ・ิω・ิ)・・・
キャストさんからしたら早くから予約が入って稽古に力が入るのかもしれないけどね。
もしかしたら、ウィンウィンの関係になるのかもしれない( ・ิω・ิ)・・・

直前まで予定が立たずに観劇を断念するお客さんも中にはいるだろうけどね(´・ω・`)

まぁ、兎に角お客さんにとことん楽しんでもらいたい!
胸いっぱいに思い出を持ち帰ってもらいたいとの思いがヒシヒシと伝わって来ます。

そんな気持ちのこちら三作品通し観劇のお礼イラスト(*´ω`*)
なんと額入りですΣ(゚Д゚ υ)
c0049458_23145952.jpg
オープニングからラストまで要所要所で涙を誘うストーリー。
どの登場人物も辛い過去を乗越え今を!
そして未来へ向けて新たな旅立ちを思わせる素敵な物語でした!
特に今回の主役藍蘭姐さんは普段の訳知り顔からは想像出来ない程の弱気な一面がクローズアップされましたが、他の登場人物達の想いや行動によって自分を取り戻すことが出来たようです。
c0049458_23142982.jpg
今回はこのシリーズを通してツイッターでフォローをして頂いた役者さんのチェキを購入しました。
小野塚真白役の森智子さんと銀言役の新八さん。
どうせ気後れをして挨拶に行けないから開演前の物販で購入しました(´・ω・`)
c0049458_23261232.jpg
【観劇】劇団fool第13回公演『絆~彩演~』 #fool絆彩演
【観劇】劇団fool 第13回公演「華」prologue2『言~彩演~』 #fool言彩演


[PR]
by jia4de | 2017-06-11 23:48 | 演劇鑑賞 | Comments(0)

【観劇】BLACK JAM『Regulation's High! ~驚愕の体育祭~』 #レギハイ

BLACK JAM さんの 2nd JAM『Regulation's High! ~驚愕の体育祭~』を観劇しました。
c0049458_23020091.jpg
会場:上野ストアハウス(東京都台東区北上野1-6-11 NORDビル B1)
日時:2017年6月4日(日) 16:30開演の千秋楽
c0049458_23020415.jpg
今回のお目当てさんは熊野隆宏さん( • ̀ω•́ )b✧
熊野隆宏さんはチームまん○に所属している役者さんです。
二年前に観劇した『トランス』で初めて目にしました。
c0049458_23021096.jpg
その後のチームまん○さんの本公演で目にしていました。
2月の『先走れメロス』で共演の倉地裕衣さんに『トランス』の話をしたら、熊野隆宏さんを紹介して頂きました。
その際、基本女優さん優先なのでチケットは・・・、などと無礼な発言をしてしまいましたm( _ _)m
そして、今回の舞台は『ドキッまるごと漢だらけの体育祭!「ポロリあり」』( • ̀ω•́ )b✧
いやッ!ポロリはないかッΣ(゚Д゚ υ)
熊野隆宏さんの扱いでチケットを取る絶好のタイミング!
これを逃したら漢じゃない( • ̀ω•́ )b✧

本当は昨日の『激熱』の後に行きたかったのですが・・・、
電車賃を浮かせるためにね(´・ω・`)
『激熱』の公演が始まり、そちらの公演時間が85分と分かり移動可能と分かったもののどうするか?
もし、移動にミスって遅れたりして先方に迷惑をかける訳にはいかぬ(;^ν^)ぐぬぬ
ってな訳で日を改めることにしました(`・ω・´)ゞ

その他、チームまん○さんからは、脚本、演出に代表の小山太郎さんや
c0049458_23021824.jpg
浜野篤志さんが参加していました。
c0049458_23021479.jpg
更に昨年観劇した『GUNMAN JILL-ガンマンジル-』今年の『先走れメロス』に出演されていた方も何名か出演しているようです。

ブラックジャムさんでは前説の写真撮影 OK! タイムがありました。
c0049458_23022381.jpg
理屈抜きに格好よく!理屈抜きに面白い!そして馬鹿みたいに熱い舞台!!
特にラストシーンで白闘学園マネージャー皇宇宙が親指を立てながら溶鉱炉に沈んでいくシーンは涙無しには見られなかった・・・
あれッ( ・ω・)モニュ?

そんな熱量が異常に高い舞台でして、前情報に漫画に例えるツイートを目にしました。
個人的には、チームまん○さんが月間少年漫画雑誌で、ブラックジャムさんは週間少年漫画雑誌って感じかな?

今回の戦利品
1st DVD 『Regulation's High! 校則に拘束された生徒たち』を(σ・∀・)σゲッツ!!
そして、チケット予約をした熊野隆宏さんから観劇お礼の手紙を頂きましたm(_ _)m
c0049458_23022892.jpg

[PR]
by jia4de | 2017-06-04 23:12 | 演劇鑑賞 | Comments(0)

【観劇】ユーキース・ショーケース『激熱』 #舞台ゲキアツ

昨日の話ですが、
ユーキース・ショーケースさんの第4弾『激熱』を観劇しました。
c0049458_10142530.jpg
会場:STUDIOユーキース(東京都中央区八丁堀2丁目1-9川名第二ビルB1)
日時:2017年6月3日(土) 12:00開演のA班 16:00開演のB班 共に千秋楽
c0049458_10145507.jpg
今回のお目当てさんは詩萌さん( • ̀ω•́ )b✧
詩萌さんはB班の出演ですが、A班も観劇してきました。
初日以降連日面白いとのリツイートが流れてきて、それぞれ違うカラーに仕上げたとのこと。
二面舞台とのことで、何処から見たら良いのかと予めチェックしておきたいしね( ・ิω・ิ)・・・

詩萌さんは昨年の『ハロウィンに悪魔はいらない』に出演していた女優さんです。
そして、東京藝術大学出身のアーティストさんでもあります。
上野公園で定期的に行われている KOMOGOMO 展にも出店しているようです。
縁があって4月には作品を購入しました(*´ω`*)

当日は早めに劇場に到着し整理番号の11番を頂きました\\\\٩( 'ω' )و ////
舞台向かって左側の最前列ほぼ中央を確保(*´ω`*)
どうやらB班もこの辺りが好いらしいとの感触を得ました( • ̀ω•́ )b✧
因みにB班は先に支払いを済ませていたため5番を(σ・∀・)σゲッツ!!

物語の方は、いわゆるパラレルワールド物。
ありがちな異世界に飛ばされた主人公が活躍する話ではありません。
二つの世界の主人公、はるかと遥はある日アパートの壁を隔てて会話が出来るようになる。
近況報告やら、悩み事を相談したり、お互い励まし合ったり、時には言い争いも・・・、
勝ち組の遥、奈々、琴絵、負け組のはるか、なな、ことえ、それぞれの葛藤を描いたストーリー。

A班は内に秘めた熱い魂、B班は剥き出しの感情って感じのカラーでした。

個人的な見所は、二つの世界でそれそれ言い争うシーン。
はるかと遥、ななと奈々、ことえと琴絵の台詞をオーバーラップさせるシーンが好かった。
初めましてのキャストさんばかりで、誰と誰が言い争ったのか正直覚えて無いけどね(´・ω・`)
はるかとなな、遥と奈々の組合せと、ななとことえ、奈々と琴絵の組合せだったかな( ・ω・)モニュ?

我等が詩萌さんは一見成功した方の琴絵役。
遥に寄せる秘かな想い、叶わぬ願いと知りながらも近くに居たい。
その為なら何でもする。という役どころ。
上記ハロ悪では出番が少なかったので、今回はじっくり演技を観れました(*´ω`*)

某野良Dさんの真似っこ企画、気になった俳優さんのコーナー♪ぱふぱふぱふ~ッ♪。
B班奈々役の優月心菜さん。
遥に詰寄るシーンでは何となくコミカルにそして要所要所に鋭い言葉を投げかけました。
そこ台詞が軽くない?とか思わせ鋭くえぐり込む作戦だと気付いた時には遅かったΣ(゚Д゚ υ)
先にA班を見ていながらすっかり術中に、すっかりやられました(*´ω`*)

今回の戦利品
A、B両班のキャスト全員チェキと、詩萌さんとのツーショットチェキ。
紙吹雪を少々と、客席からは見難いと言われて急遽作ったというダミー乾燥わかめw
c0049458_10151335.jpg
劇場が八丁堀と日本橋の近くだったので、帰りにちょっと寄り道をしてきました。
ヤン・ヨースデン像
日本橋三丁目交差点にあるモニュメントで、ヤン・ヨースデンは八重洲の語源でもあるそうです。
c0049458_10150397.jpg
日本橋
c0049458_10150941.jpg

[PR]
by jia4de | 2017-06-04 10:22 | 演劇鑑賞 | Comments(0)