Satellite J10 の CPU を交換したお(^ω^ )

TOSHIBA dynabook Satellite J10 の CPU を交換しました。

例によって、いつものハードオフにて、数日前から目を付けていた CPU を買ってきました。
Pentium4 2.2GHz/512/400/1.5V 1680円

帰宅後、早速 CPU の交換。
mitani1970 さんの作業メモ(dynabook Satellite J10のファン清掃)を参考に作業しました。

CPU 交換後、半組の状態でスゥ~ウィ~ッチィィィ~ッ、ヲォォ~ン~ッ!

スゥ~ウィ~ッチィィィ~ッ、ヲォォ~ン~ッ!!

スゥ~ウィ~ッチィィィ~ッ、ヲォォ~ン~ッ!!!

ヲォォ~ン~ッ!!!!

・・・。

機動しませんでした・・・orz

仕方ないので、店長に貰った セレロン 2.3GHz を付けました。
こちらは難なく機動・・・難なく機動・・・な、難なく・・・き・ど・う?
ウェークアップ画面の右下に、「ペン4入ってるお(^ω^ )」とか出てるし・・・(´・ω・`)
一応、セレロン 2.3GHz と認識しているから良しとしましょう。

ハードを確認するために、EVEREST Home Edition をインストしました。
バージョンは2.20.405。

ところで、チョット気になっていたことがあります。
実は、今まで CPU FAN が回ってなかったのですよ。 
まぁ、大して発熱してなかったのかな?なんて、良い方向に考えていました。
でも、比較的 CPU 使用率は 100% でイッパイいっぱいなんだよね。
2GHz の CPU って、発熱しないの?とか思っていました。

今日、CPU の交換をした時に、CPU FAN にも当然アクセスしました。
ファンも放熱フィンも比較的綺麗で掃除の必要はありませんでした。
組み付け後、普通にファンが回り始めました。
固まってたのか?突ついてファンを回したので動き始めたのかも知れません。
しかし、ファンの回転音が大きい。
どこか当たってるのか、軸が歪んでいるのか?
今現在、半組の状態なのでもう一度見てみます。

ちなみに、CPU の温度が60℃を越えるとファンが回りだし、50℃を下回ると止まります。
by jia4de | 2009-10-17 02:04 | PC(自宅) | Comments(0)


<< TOP Linux の Fir... TOP Linux に Goo... >>