Disk Manager 2000 をインストしました。@ Satellite J10

TOSHIBA dynabook Satellite J10 に IBM Disk Manager 2000 をインストしました。

Celeron 2.3GHz を積んでいるのに、モッサリしている Satellite J10 。
常駐系のソフトでなくてもインストするのに躊躇します。

そんな訳で、試しにインストする為に、テスト用の HDD を作ってみました。
って言うか、あまってる HDD に OS をコピーしただけだけどね。

でも、そのコピーがなかなかどうして難しそうです。
Linux を使って丸ごとコピーとか出来るらしいですが、NTFS は対象外とのことです。
テスト用の HDD に為に毎回 インストするのも馬鹿らしいしね。
って、普段からバックアップ取ってりゃ大丈夫だろ。とか言われそうですが、御尤もです(^_^ゞ

ツールを買うのも馬鹿らしいし、どうしたものかと・・・。
で、思い出したのが IBM Disk Manager 2000 です。

まずは、wipe-out で MBR を消去。
ウィンドウズでパーティションを切って、Disk Manager でコピーを取りました。
ハードコピーを交換して、起動(`・ω・´)

起動(`・ω・´)

起動(`・ω・´)・・・

起動しません(´・ω・`)

もしかして、パーティションにブート設定をするのか?
と思って、Puppy Linux で boot フラグを立てて、やっと起動しました。

とりあえず、QQ2009 正式版 SP5 とロジクールの Web Cam のドライバソフトをインスト。
重たいながらも何とか動くかも知れません。

確認後、また、元の HDD に戻しました。

環境
マシン:TOSHIBA dynabook Satellite J10 SA200P/4
CPU:モバイル Celeron 2GHz ⇒ 2.3GHz
メモリ:512MB
OS:Windows XP Pro Ver2002 SP3

テストに使った HDD:HITACHI DK23CA-20
by jia4de | 2009-11-01 00:58 | PC(自宅) | Comments(0)


<< もた~り行こう火狐くん @ S... Satellite J10 の... >>