縁ろず屋×D-RactoRプロデュース公演『DISCUSSION』

縁ろず屋さんと D-RactoR プロデュースさんの共同公演『DISCUSSION』を観劇しました。
c0049458_01162120.jpg
会場:Theater 新宿スターフィールド(東京都新宿区新宿2-13-6光亜ビルBF1)
日時:2017年12月17日(日) 12:30開演の A 班 16:30開演の B 班
A 班 B 班共に千穐楽
c0049458_01162428.jpg
今回のお目当てさんは今沙栄子さん( • ̀ω•́ )b✧
今年最後の舞台出演にして、楽日には誕生日を迎えます!
これは応援に行かない手はない( • ̀ω•́ )b✧
楽日はプレミアムチケットで通しだお(^ω^ )

少し前にパロディ作品だという話があり「超能力学園Z」を期待していたのに(´・ω・`)

冗談はさて置き作品の方は正直酷い作品だな。というのが第一印象(´・ω・`)

超能力が有るか無いかのディスカッション。
二つの派閥と何故かどっちでもいいよ。という派閥の三つ巴。
折角だから大々的にやったらどうか?と。

元が些細な言い争いなら、各々の派閥内で些細なことで言い争いが始まるしまつ。
言い争いどころか、他人の上げ足取ったりチョットした癖等も弄り倒すし話が全く進まない(´・ω・`)

もう、これはナンセンスギャグなのか?ナンセンスギャグなのか?
そういう目で見るからな(´・ω・`)

エピローグで、いよいよディスカッションが始まるというところで、
主役の松本祐一さん演じる正臣が「やめにしないか?」との提案をだす。
自分の考えを替える気はさらさらないけど、
それを理由に他人の考えを替えさせたり踏みにじったりするのはよくないと「みんな違ってみんないい」( ・ิω・ิ)・・・

いやいやいや、散々やって来ただろ(゚Д゚)ゴルァ!

その直前、尊敬する安藤さんの秘密を知ってしまい驚いたけど、何故かその秘密だった事柄に対しては理解を示す。
「安藤さんは安藤さんだから・・・」

もう舞台上で何が行われていたのかさっぱり(´・ω・`)

マチソワ間の休憩を挟んで、大千穐楽('A`)
幕が上がり派閥分けが終わって、最初の個人攻撃が始まった所で「あっ!そういうことか」Σ(゚Д゚ υ)
気付くの遅いよ洩れorz…

重箱の隅を突き回してばかりでは物事は進まないどころか最悪の事態を招く。
各々違う意見を持ちながらお互い認め合い折合を付けましょう。ってメッセージが・・・

目に見えるモノしか信じない派ですが何か( ー`дー´)キリッ


そんなこんなで今回物語を細かく見ている余裕がなかったので、気付いたことだけ(´・ω・`)

アドリブパートなのかな?
A 班は比較的長めに引張りお客さんが笑うまで続ける。笑ったら繰り返す手法。
B 班は比較的あっさり短めに笑う笑わないにかかわらず潔く幕を引く感じがしました。

銀○のパロディってことで、観ていない人には分からないネタが何か所かありましたね(´・ω・`)
ここは説明とかされても野暮だしね(´・ω・`)
むしろ分らなかった人の「えっ!えっ!」ってのを気付いてもらえれば幸いですw

B 班では正臣に取り入ろうとする千歳(麻生あゆみ)に対して安藤(榊原雄)さんが「この女臭いな」という台詞の直前に嫉妬心を燃やす安藤さんの顔を確認出来ました。

B 班安藤(榊原雄)さんに微妙に浦安感が漂っていた。

B 班千歳(麻生あゆみ)が双葉(千葉夏美)に冷たい所や、背中に何か感じて怯えるシーンが面白かったw

我等が今沙栄子さんは優子(山田奈津美)の経営するスナックで働く理香役。
ガサツなオラオラ系wの決して若くはないホステスさん。
『熱海殺人事件』の片桐ハナ子や『普通』の胡宇春に通じる雰囲気を持っていました。

そんな今沙栄子さんの次回出演作はこちら(`・ω・)つ
ガムシャニズム Vol.4『英雄学園2~March of Gods~』
期間:2018年2月23日(金)~25日(日)
劇場:神奈川県立青少年センター ホール(横浜市西区紅葉ケ丘9番地の1)
今沙栄子さん応援予約フォーム(カンフェティ)
注)ブログのアップ時点でコリッチのアドレスは不明(´・ω・`)

今回の戦利品
プレミアムチケットでの観劇なので、特典の A 班 B 班の各キャスト全員衣装付ブロマイド。
今ちゃんとのツーショットチェキをマチソワで各一枚ずつ。
今ちゃんからの観劇お礼靴下。
c0049458_01162752.jpg
うち一枚は、闘争心剥き出しの今ちゃんにノックアウトされるオイラw
掲載にあたり本人からの許可は取らなかったのですが、要望があったのでw
本人からの熱い熱い要望がwww
c0049458_01163027.jpg

[PR]
by jia4de | 2017-12-19 01:24 | 演劇鑑賞 | Comments(0)


<< 【観劇】ポンポンペインシアター... 劇団 TEAM-ODAC『小さ... >>