【観劇】劇団禄盟漢『WEBキャスター』 #うぇぶきゃす

劇団禄盟漢さんの第五回公演『WEBキャスター』を観劇しました。
c0049458_00570442.jpg

会場:荻窪小劇場(東京都杉並区荻窪3-47-18 第五野村ビル1F)
日時:2018年2月11日(日)19:00開演

c0049458_00565702.jpg

今回のお目当てさんは柄澤崇史さん( • ̀ω•́ )b✧
今ちゃん先生関連で何度か拝見している役者さん。
しみくれさんで思い切ってご挨拶はしていました。
WITH YOU さんの『是非に及ばず』で今度見に来てくださいよ。とお誘い頂き馳せ参じました(`・ω・´)ゞ
まぁ、ちょっと私事で色々とあったので、当日飛び込みになりましたが(´・ω・`)



-あらすじ-
動画共有サービス会社「WEBキャスト」が
主催するクリエイター育成プログラムに招待された6組7人の動画クリエイター。
担当者の中部は7人に世間をあっと言わせる動画を創ろうと話す。
試行錯誤しながら動画制作に挑む7人であったが、
限られた環境・機材のなかで制作は思うように進まない。
そんななか、1本の動画が共有ドライブにアップロードされていることに気づく。
再生した動画に映っていたのは、この場にいる8人とある「事故」であった。
(公式あらすじより抜粋)

予告動画とあらすじから北のアレだと思い込みながらの観劇でしたが、まさかそんな世界になっていようとは…
主役のヒロムが東京オリンピックイヤー生まれの高校一年生っていうことは1979年の( ・ิω・ิ)・・・
いやいやいや、2035年とけして遠くない未来の物語。
飛躍的な技術開発によって夢の世界が!

ガッチガチの会話劇で、どこと無く12人で有名なあの名作が脳裏を過ぎるような過らないような…
そんなテイストを感じさせながらも、時間軸を前後させ緊張感を感じる面白い作品でした!

ってな訳で、恒例勝手にキャストさん紹介のコーナー\\\\٩( 'ω' )و ////
あくまで観劇中、観劇後に感じた個人的な私見です(´・ω・`)

大山カリブさん演じるヒロム
自称新進気鋭の高校生ウェブキャスター。
若気の至りで微妙な動画を配信。
若気の至りか危険な橋を渡るのも厭わない。
有名になりたいその理由とは?

川田翔也さん演じるKUDAN
自分の作る動画に信念を持つプロのバラエティウェブキャスター。
\大好き弘法大師/

矢野修平さん演じるアダム
食レポウェブキャスター。
非情な発言には職業上の理由から?

原澤彩さん演じる蜜凛
男性向けに料理教室動画を配信する魅惑の人妻ウェブキャスター。
旦那さんとは職場結婚で寿退社、何故か寿退社に拘る。
世話好きで争いごとは好まない。

板敷輝さん演じるシュータ
エージとコンビの正義漢あふれる熱血漢ウェブキャスター。
アダムの非情な発言に対して露骨な嫌悪感を表す。

鈴木大介さん演じるエージ
シュータとコンビのおちゃらけウェブキャスター
シュータに対して正義漢は無く回りに流される性格。
雑学に富み自分の専門分野に対しては責任を持って発言実行するタイプ。

斉藤有希さん演じるつきこ
憑物系の心霊ウェブキャスター。
他人の動画には移りたがらないわりにはキャラが入ると吹っ切れる二面性のあるタイプ。
他人との接触を取りたがらないのは背後に何かが見えるのかしら?
動画配信に関する知識が豊富なのは職業柄?
\カメラでは見えないかもしれませんが、アンモナイトの霊が!イボイボ/

柄澤崇史さん演じる中部すぐる
WEB キャストと呼ばれる動画配信サービスの運営会社に勤める会社員。
猪突猛進型で感情的。
何故か時代遅れの動画配信サービスのテコ入れに駆り出されるも、至らない点が多すぎる。

今回の戦利品

公演台本
c0049458_02113179.jpg

[PR]
by jia4de | 2018-02-12 02:29 | 演劇鑑賞 | Comments(0)


<< 【ウィルス&花粉症対策】マスク... 散髪しました >>