5月1日(火) 昭覚寺と禁欲的な肉欲

エロい話ではなくハラルな羊肉を食べたければビールが飲めない。って話(´・ω・`)

2018年5月1日火曜日、成都旅行三日目昭覚寺へ行きました。
c0049458_23111639.jpg
本日は五一労働節、メイデイです。
これから三日間、主要な観光地は混雑が予想されます(((( ;°Д°))))ガクブル
ところが、この記事を書いている時点で、どうやら休みは4/29(日)~5/1(火)という情報が( ・ω・)モニュ?
c0049458_23110147.jpg
8:30 起床
毎朝起きるとお茶を淹れて、前日の旅行記をボチボチまとめてます。
テレビの映画やドキュメンタリー、ニュースを見ながらだけど(´・ω・`)

あと大事なのはトイレを済ませること。
成都市内は公共のトイレがあちこちにあるので比較的安心です。
それでも唐辛子にヤられたお腹は便意を催してからが早いΣ(゚Д゚ υ)
常にトイレの位置を意識していることが大切ですが、その日の体調を確認することも大切です。

10:53 酒店出発

11:10 金沙人家
金沙羊肉面を頂きました(*´ω`*)
火鍋のスパイシーな香りは好きですが麻辣味は苦手です(´・ω・`)
外から覗き込んで清湯っぽいお店だったので選びました(*´ω`*)
あと羊肉大事w
お味の方は美味しく花山椒が仕事をしていて酸味を感じました。
~11:22
c0049458_23104815.jpg
c0049458_23105227.jpg
11:28 天府広場
c0049458_23111364.jpg
11:31 ⓜ天府広場站
1号線に乗車、火車北站で7号線に乗換え、更に駟馬橋站で3号線に乗換えました。

11:59 ⓜ照覚寺南路站
照覚寺公交站の売店に立寄り落花生を購入( • ̀ω•́ )b✧
これをどうするかって?
各々の拝殿にお供え物として置いていきます。
c0049458_23112349.jpg
12:35 照覚寺
特別思い入れのある仏様以外は簡単に済ませても一時間半はかかりましたΣ(゚Д゚ υ)
門前の露天を覗いて二時間近くの滞在(*´ω`*)
~14:25
c0049458_23111639.jpg
c0049458_23112868.jpg
c0049458_23113203.jpg
c0049458_23113556.jpg
14:31 照覚寺公交站
次の目的地も火車北站の北側に位置していますが、地下鉄は通っていません(´・ω・`)
ってな訳で、直接行けるバスがあれば良いなと( • ̀ω•́ )b✧
結局直接行けるバスはなかったんだけどね(´・ω・`)
83番バスに乗車しました。

14:56 火車北站東站
ここからは徒歩圏内( • ̀ω•́ )b✧

目印にしている跨線橋の下に歩行者用の地下道があります。
跨線橋を探して、

探して・・・、

さがs・・・( ・ω・)モニュ?

跨線橋がないΣ(゚Д゚ υ)
c0049458_23113835.jpg
その後、駅まで戻り歩行者用の地下道を通り駅の
北側へ。

15:47 大西南茶城
一時間ほど徘徊w
誰に土産物をとして買うか?数量をどうしようか?
考えがまとまらず、そうだ!糖質を取ってないから頭が回らないんだ!
ってな訳で、いったん外に出て食事をします。
c0049458_23193469.jpg
16:47 面面聚倒
番茄蛋炒飯を頂きました(*´ω`*)
頭を整理して、土産物として買う品物と数量を確認。
~17:05
c0049458_23193831.jpg
c0049458_23194175.jpg
17:08 老手芸?
大西南茶城内にある珍韻がロゴマーク?のお店です。

土産物用にと檸檬菊茶を購入、量り売りですが10個で33人民元でした。
一時間ほど前に店先でレモンの好い香りがしました。
レモンを繰り抜いて皮の中に紅茶の茶葉と菊の花を詰めたお茶だそうです。
他にもミカンの皮に普洱茶を詰めた物などがありました。
今まで見たことがないのでここ一二年のはやりなのかも知れません(*´ω`*)

自分用には普洱茶と緑茶を購入。
普洱茶(撒茶)1斤(500g)100人民元
竹葉青(雅案)半斤(250g)250人民元
竹葉青は雅案の蒙山と言ってたかな?
蒙山なら有名な産地です(*´ω`*)
~18:17
c0049458_23194700.jpg
18:36 ⓜ火車北站
1号線に乗車しました。

18:49 ⓜ天府広場站
~18:55

19:07 酒店
一旦酒店に帰り、荷物を置いてすぐに出かけました。
~19:13

19:28 紅旗連鎖総府店
紅旗チェーンの成都土産物だけを扱っている店舗と某歩き方に書いてありました。
少し大きめのスーパーマーケットや四川土産屋さんで買えそうなラインナップでした(´・ω・`)
日本への肉類持込禁止というレギュレーションは土産物の幅を狭めます(´・ω・`)
~19:52
c0049458_23203501.jpg
20:40 阿比部
新疆、所謂イスラム系のお店で羊肉が豊富なラインナップ( • ̀ω•́ )b✧
昨晩徘徊して見付けたものの酒類禁止の足枷が(´・ω・`)
実際冷蔵庫内にビールを見付けたので大丈夫みたいです。
異教徒へまで強制はしていないようですが、まぁねぇ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
羊肉二本と、炒飯、ブロッコリ炒めを頂きました(*´ω`*)
~21:21
c0049458_23203821.jpg
c0049458_23204524.jpg
c0049458_23204263.jpg
21:21 酒店に帰りました
c0049458_23204801.jpg

[PR]
# by jia4de | 2018-05-07 23:21 | 渡航 | Comments(0)

4月30日(月) 金沙遺址博物館

2018年4月30日月曜日、成都旅行二日目金沙遺址へ行きました。
c0049458_23031201.jpg
9:15 起床
アラームの設定を切らずにいたので一旦六時に起床Σ(゚Д゚ υ)
その後、寝ては起き寝ては起きを繰り返し、やっと起床しました。

昨晩買った紅茶を淹れて、前日の記事を下書き。
早速四川料理の洗礼を受け熱く緩めのトイレを済ませました。
今日は何処へ行こうかな?とピックアップ、バスの路線番号を調べました。

10:40 酒店出発

10:45 陳記軍屯鍋魁
予想も甘く、麻辣味の肥腸粉をいただきました(*u*)
~10:56
c0049458_23023478.jpg
c0049458_23023735.jpg
11:04 人民公園站
とりあえず清江東路站を目指すもバスの揺れでお腹が活性化Σ(゚Д゚ υ)
通恵門站で下車して近くの衛生間に入り難を逃れましたw

11:48 成都送仙橋古玩芸術城
成都旅行の楽しみの一つ(*´ω`*)
先日観覧したベネチアンビーズですっかりやられ、ガラス玉を探しに来ました(*´ω`*)
広義のビーズ、数珠玉の素材の好みも翡翠等の鉱物から始まり、木や種子の植物ときて、まさかガラス球に走るとは思いませんでしたw
バラのトレーにベネチアンビーズが見えた店で、幾つか発掘していたら店の老板も手伝ってくれて、もう後戻りできないw
オッキオビーズ、カンネッテビーズ等中玉66個/5元、
小玉95個/2元、
ムッリーネビーズ?長玉1個/10元、合計530元!
1.5倍計算だから八千円位か( ・ิω・ิ)・・・
と!思ったら、空港で両替したレイトで約18.9倍Σ(゚Д゚ υ)
一万超えでした( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \/ \/ \

今回の旅は日本円へは20倍計算で行くと分かりやすそう( ・ิω・ิ)・・・
明日また持ってくる( • ̀ω•́ )b✧
と言われましたが、ガッツクとアレなのでこの一週間で暇があったらまた来ると告げました。
~13:16
c0049458_23024445.jpg
c0049458_23042653.jpg
二年前に開館した成都博物館は昨日見たら長蛇の列。
四川省博物館は比較的すいているように見えました。
主目的の金沙遺址博物館も混雑が予想されるので先に行くことにしました。
送仙橋古玩芸術城で時間を使いすぎたってこともあるけどね(´・ω・`)

13:40 綿陽米粉
姜鴨刀削麺と素菜をいただきました。
オイラが編み出した四川料理の下さない対策の一つ( • ̀ω•́ )b✧
米のご飯を多く食べる、辛い味付けをしていない野菜を多く食べる。
これで、下したとしても緩めの固形物として出ますwww
まぁ、既にお腹をヤられている訳ですが( ・ิω・ิ)・・・
~14:07
c0049458_23024896.jpg
c0049458_23025193.jpg
c0049458_23025547.jpg
14:08 二環光華村街口站
211番のバスに乗りました。

14:29 金沙遺址東門站

14:33 金沙遺址博物館
企画展示でポンペイ展を行っていました。
ホールで子供たちに積木でローマ風の建物を作らせているな。と思っていました。
展示を見てホールに戻ったら丁度お芝居が始まったところでした。
~16:20
c0049458_23031201.jpg
c0049458_23031533.jpg
c0049458_23045656.jpg
c0049458_23050167.jpg
c0049458_23050407.jpg
16:22 金沙遺址東門站
三叉路にある三つのバス停、自分の知ってる地名でホテルの近くまで行く路線を探すのに時間がかかりました(´・ω・`)
角にあるスポーツ用品店を覗いたりしていたんだけどね(´・ω・`)
82番のバスに乗車しました。

16:57 金羊宮站

17:04 琴台路

17:09 蜀風雅韻・中華梨園
20時のチケットを取ろうと思ったら、18時の舞台もあるとのこと(`・ω・´)
18時のチケットを取って近くを散策。
~17:18
c0049458_23050838.jpg
c0049458_23051283.jpg
c0049458_23052115.jpg
c0049458_23052450.jpg
17:41 蜀風雅韻・中華梨園
ステージは文化公園内にあります。
~19:30
c0049458_23053289.jpg
c0049458_23053692.jpg
c0049458_23054112.jpg
c0049458_23065893.jpg
20:25 郷拿櫃厠所串串
麻辣味と清湯の二色鍋Σ(゚Д゚ υ)
余り辛くはなかったので助かりました(*´ω`*)
沸々と湧き上がる部分は表面の辣油が掻き分けられるのでそこから具材を取り出す作戦です( • ̀ω•́ )b✧
~21:25
c0049458_23071374.jpg
c0049458_23070404.jpg
c0049458_23070708.jpg
c0049458_23071178.jpg
21:35 酒店に帰りました
肩こりが酷くて薬局で薄荷活絡膏を購入しました(´・ω・`)
c0049458_23071803.jpg

[PR]
# by jia4de | 2018-05-07 23:09 | 渡航 | Comments(0)

4月29日(日) 成都へ

5月1日2日に有給を使って大型化( • ̀ω•́ )b✧
2018年4月29日日曜日、ゴールデンウィーク二日目、成都旅行へ行きました。
c0049458_22561287.jpg
4月12日にチケットを手配し、翌日有給休暇届を提出( • ̀ω•́ )b✧
20日に E チケットをプリントアウトしました。

4:00 起床

4:50 自宅出発

5:00 最寄駅
5:04発の普通東京上野ライン高崎行きに乗車しました。

5:24 JR 横浜駅
早足で次を目指します。
~5:25

5:30 YCAT
5:45分発の成田行きに乗車出来ました。

7:03 成田空港ターミナル1 南ウィング
中国国際航空は長蛇の列Σ(゚Д゚ υ)
カウンターは預け入れ荷物の受付だけで、搭乗手続きはこの機械でやるとのことでした。
カウンターで荷物タグは?と聞かれましたが持っている筈もない!
現物を目の前に出さないこのデザインで忘れずに受け取れと?
モニタにビジュアルで説明されましたっけ?
c0049458_22555076.jpg
8:07 イミグレーション通過
c0049458_22555358.jpg
8:30 登場
過去数回の成都旅行、国際空港なのに必ず北京か上海を経由。
出入国の審査もそちらでやるのですが面倒くさい(´・ω・`)
特に帰国時はここで待っていろと、移動や手続きの開始時間を示されない半隔離状態で待たされることもあります(´・ω・`)
空港内での自由時間がないから土産物店めぐりができない(´・ω・`)
c0049458_22555971.jpg
c0049458_22555645.jpg
8:46 飛行機が動き始めました

9:97 離陸
滑走の際、横 G がかかり若干乱暴な感じがしましたが上昇はスムーズ。
中華系のパイロットは早く安全高度に達したいのか?急角度を高出力で昇って行くのが定番なんですけどね(´・ω・`)

珍しく窓際の席を確保( • ̀ω•́ )b✧
初めは外を見ながら、旧東海道をなぞって楽しみました。
暫くして目がシバシバしだし、結構紫外線強いのかな?と思いました(´×ω×`)
机上では共同のモニタが隣の席のすぐ目の前で観づらかったです(´・ω・`)

13:11 成都双流国際空港に着陸
着陸も至ってスムーズ、成田の横 G が嘘のように素直な着陸でした。
成都双流国際空港はその名の通り国際空港なのですが、初めて直行便で訪れました。
c0049458_22560293.jpg
中国お得意のとにかく待たせる攻撃にあいました(´・ω・`)
着陸後、バスでターミナル1に向かうも度々停車し、荷物の受け取りもかなりの時間がかかりました(´・ω・`)
成都双流国際空港ターミナル1の荷物受取り所は改装中のようでした。
両替も空港ですまそうと思いましたが、両替所がなかなか見つかりませんでしたが、無事両替できました(`・ω・´)
売店で市内地図を購入しました。
~14:25
c0049458_22561800.jpg
14:25 ⓜ双流機場 T1 航站楼
二年前の滞在では近い将来空港まで地下鉄が伸びると思っていましたが、更に先まで伸びていましたΣ(゚Д゚ υ)
10号線に乗車、太平園で3号線に乗換え、省体育館で1号線に乗換えました。
c0049458_22560973.jpg
15:04 ⓜ天府広場站
地下では方向が分からないので兎に角地上へ。

15:13 天府広場
とりあえず地上に出て予約していたホテルを目指します。
~15:17
c0049458_22561287.jpg
15:25 酒店に到着
チェックインして、現地行動用の荷物を取出し出発( • ̀ω•́ )b✧
c0049458_22561555.jpg
16:14 酒店を出発
近くのバス停を探しながら歩いたのですが、上手く見つからず(´・ω・`)
時間も押してきたのでとりあえず地下鉄で春煕站に移動。
地図での距離感を読み間違えてチョット道に迷いました(´・ω・`)

17:05 大慈寺
五時には閉門すると思って急いで来たのですが、お参り出来ました(^人^)南無阿弥陀仏
僧侶たちの修行は丁度終わって僧房へ帰るところでしたが。
~17:18
c0049458_22562311.jpg
春煕站は入場規制がひかれていてウンザリ
c0049458_22562657.jpg
ホテルまで散策がてら歩いて帰ります。
とりあえず露天の羊串と臭豆腐を食べたいしね。
成都市の人民公園から東側は商業地区なのか露天はありませんでした(´・ω・`)
地下鉄の駅に併設されたショッピングモールでいろいろと食べるものもありましたが。
c0049458_22563083.jpg
c0049458_22563358.jpg
18:14 酒店の前を通過
更にホテルの裏にチョットした商店街を見付けました。
露天を探して更に距離を伸ばしました。

18:30 寛窄巷子
メイデーの休暇もあっての事か?
凄い人出ですΣ(゚Д゚ υ)
寛窄巷子の外側の比較的人が少ない通りを歩いて、確かこの辺りと探しました。
臭豆腐の露天は見付けたのですが、揚げた豆腐にスープをかけるスタイルでしたΣ(゚Д゚ υ)
オイラ普通の揚げたものを食べたかったので今回はパス(´・ω・`)
~18:56
c0049458_22563685.jpg
19:30 舒記鉢鉢鶏 舒記串串
ホテルの裏通りにあるお店。
~20:25
c0049458_22563961.jpg
c0049458_22564254.jpg
c0049458_22564507.jpg
19:35 酒店に到着
部屋のみのビールとお茶を買って帰りました。
c0049458_22564969.jpg

[PR]
# by jia4de | 2018-05-07 23:00 | 渡航 | Comments(0)

2018年4月のウォーキング実績

2018年4月のウォーキング実績です。

観劇月刊、観たい作品が多く出掛けられませんでした(´・ω・`)

今月の総歩行距離:0km
[PR]
# by jia4de | 2018-04-30 23:30 | ウォーキング&ハイキング | Comments(0)

香港 SIM Card にリチャージしました

International Roaming Rechargeable SIM Card のリチャージをしました。

ちょい訳ありでリチャージしました。
まぁ、明日にはバレるんだけどね(´・ω・`)

有効期限は、2018/10/25 23:59
現在のチャージ金額は、HKD $857.41
c0049458_13112601.png

[PR]
# by jia4de | 2018-04-28 13:12 | 携帯 | Comments(0)

【観劇】J-Theater『近代作家コレクションvol.3』

J-Theater さんの《日本人作家シリーズ》『近代作家コレクションvol.3』を観劇しました。
構成・演出/小林拓生
c0049458_12222739.jpg
会場:小劇場「楽園」(東京都世田谷区北沢2-10-18 藤和下北沢ハイタウンB棟地下1F)
日時:2018年4月26日(木) 19:00千穐楽
c0049458_12222215.jpg
今回のお目当てさんは三宅朝子さん( • ̀ω•́ )b✧

その名の通り近代日本人作家の作品を集めた短編集。
10分程度の作品から始まり、男女の重めの物語りへ繋ぐ構成。
こんな構成で、手掴みで食べられる軽食ありのバー公演とか憧れます(*´ω`*)

現在の会話の発音、抑揚に古風な言葉遣いのミスマッチも面白い感じがしました。
とは言っても、古い映画やニュースフィルムからの比較だし、実際普段どのように会話をしていたのかは当時を生きていないので判断出来ないんですけどね(´・ω・`)

『やまなし』
作:宮沢賢治

語り部:鶴たけ子
沢蟹の兄:内野千花恵
沢蟹の弟:山口笑加
沢蟹の父:池田論

だれもが知っている?クラムボンの物語り。
知っているはずだけど、後半はあいまいな記憶しかありませんでした(´・ω・`)
観劇後に少しずつ思い出してきましたよ(´・ω・`)
オイラ、子供の頃は詩の表現が難しくて好きではなかったんですよね。
未だに詩は好きじゃないんだけどね(´・ω・`)

清流に住む沢蟹兄弟の物語り。
身体も大きく吐く泡の大きさも大きな余裕の兄に対して、負けん気が強く一生懸命な弟が印象的でした。

いまなら解る?
クラムボンは気泡(あわ)の音、水面(みなも)へ向かいクラムクラムと昇る気泡の音、クラムクラム昇りて水面でボンと弾ける気泡の音。 

『蜘蛛の糸』
作:芥川龍之介

語り部:薗内茜
犍陀多:小林拓生

こちらもだれもが知っている物語です。
昔話などではマイルドな話になっているものが多いけどね(´・ω・`)

苦悩に満ちた犍陀多のマスクの下から覗く犍陀多役小林拓生さんの口元が印象的でした。

『失敗園』
作:太宰治

とうもろこし:北尾徳恵
トマト:内野千花恵
クルミの苗:太田すみれ
ネムの苗:唯野千恵子
にんじん:藤木まな美
だいこん:伊藤安那
棉の苗:岩崎聡子
へちま:鶴たけ子
薔薇:薗内茜
ねぎ:池田論
矢車草:山口笑加
太宰の姿:後野辰典
太宰の妻:三宅朝子
太宰のナレーション酒井孝祥

太宰修の妻が、おそらく家計の足しにと始めた家庭菜園。
素人ゆえに失敗も多いようです。
そんな作物達の受難の日々、心の声を拾う太宰治のメルヘン作品。
作物達の嘆きの通り後ろで太宰夫婦が演じる姿は微笑ましい家庭を見ているようでした。
家庭菜園を舞台にしたとてもコミカルな作品でした。

『薔薇』
作:森本薫

どろどろとした男女の話。

数年ぶりに菅の家を訪ねた神村、杉江と近況報告や昔話に花が咲く。
神村はつい先日妻の夏子がピストルの事故で亡くなったことを杉江に告げた。

ってな訳で、
恒例勝手にキャストさん紹介のコーナー\\\\٩( 'ω' )و ////
あくまで観劇中、観劇後に感じた個人的な私見です(´・ω・`)

伊藤安那さん演じる杉江(旧姓:はむろ)
菅の家内で神村の元カノ。

後野辰典さん演じる菅
会話好きだが意味のない見栄っ張りな会話を好む。
夏子とはおそらく親の紹介で付き合っていたが好きではなかった。
神村の訪問時は嫌いなはずの風呂に入っていて、何故か長風呂。
過去の回想シーンにしか出演していませんでした。
観劇後時間がたつと、神村の訪問前に既に杉江の手によって、とかも考えてしまいます。

三宅朝子さん演じる夏子(旧姓:はら)
神村の妻で菅の元カノ?
若い頃はお喋り大好き、天真爛漫なお嬢さんだった。
女学校卒の知識はひけらかすというよりも共有することに喜びを感じていたようです。
特に面白味もないと思っていた神村だが菅に放った冗談に親近感を持つようになる。
神村談によれば、結婚後嫉妬と被害妄想が激しくヤンデレ気味。
ピストルの射撃が趣味で、ピストルの事故で死亡。
天真爛漫からの被害妄想と嫉妬による神村へ詰寄るシーンは凄かった。
あちゃここういう演技も出来るじゃんとちょっとびっくりしました( ・ิω・ิ)・・・

まぁ、この話、途中までいまいちピン来ませんでした(´・ω・`)
実は途中までスワッピングの話なの?痴情のもつれ?と(´・ω・`)

酒井孝祥さん演じる神村
この物語の主人公。
若い頃は全てに対して無気力無関心だった。
ひょんなことから夏子に気に入られ結婚までおよんだが段々と億劫になる。

ここからは私心ですが、夏子のピストル事故は仕込まれたものではないかと思っています。
観劇時には事故に見せかけ神村が射殺したのだと思っていました。
観劇後時間がたつと、メンヘラ気味に度々死んでやるとピストルを持ち出す夏子のピストルにこっそり弾を込めておいたのではないかと・・・、

菅の家では、昔話を楽しむようにあの頃に戻りたい雰囲気を醸し出す。
耐えかねた杉江が風呂場の菅を呼びに行き、追いかける神村。

暗転

銃声

ここで、どっちだ?どっちだ?
菅を射殺?神村自殺?と頭がフル回転。

銃声

あっ!
杉江と菅を射殺したんだ・・・。

終演後
全部假的(以下假的):こんな役初めてじゃない?
三宅朝子(以下あちゃこ):そうなんです。我儘って意味ではモノハピもあるけど・・・、
假的:確かに違うね、今回は、私はこんなに愛しているのに、あなたはちっとも愛してくれない的な感じ・・・、
~中略~
あちゃこ:私幽霊だったの解りました?
假的:幽霊?あぁ、幽霊って言うか亡霊?、神村の夏子に対する恐怖とかそういうのが出てきて・・・
(どうやらストレスによるフラッシュバック症状と言いたかったらしい)
あちゃこ:あっ!合ってます合ってます!良かった解ってもらえて・・・
假的:で、最後、銃声一発目に菅を殺した?それとも自殺?って考えていたら、二発目の銃声であっ!菅と杉江を殺したんだと納得して、メンヘラ夏子を殺した後に菅と杉江を殺すなんてとんだサイコパスだと思ったw
あちゃこ:銃声二発目?
假的:二発目( ー`дー´)キリッ
あちゃこ:銃声一発・・・、最初と最後で二発?
假的:最後に二発目・・・、一発目は普通に二発目は少し小さく・・・

観劇後時間がたって、銃声一発の本来の演出についての解釈は、杉江、菅のどちらを撃っても良さそうだし、神村の自殺でも良さそう。
居間での異変に気付いた菅が用心してピストルを用意し、ピストルを持って杉江を追ってきた神村を確認してから射殺でもよさそうです。


~休憩~


『温泉場小景』
作:菊池寛

おそらく熱海、伊豆辺りの温泉旅館かな?
避暑地らしい台詞も有ったのでので御殿場など現在の御殿場線沿線かもしれない。
娘の汗疹の治療を兼ねた避暑地の滞在、帰京まであと数時間というところ、見合い結婚のためにふった女性と奇跡的な再会。

ってな訳で、
恒例勝手にキャストさん紹介のコーナー\\\\٩( 'ω' )و ////
あくまで観劇中、観劇後に感じた個人的な私見です(´・ω・`)

薗内茜さん演じる富江
健吉の下カノ。
健吉の連れ合いが既に他界していることを知り盛んに復縁再婚を促す。
旅行の連合いのことをはぐらかせたり、離婚後の五年あまりをはぐらかせるところをみると、お茶屋で女給をしていて旦那と温泉旅行にと勘ぐってしまいます。

酒井孝祥さん演じる健吉
真面目なお父さんで、母親の居ない娘を不憫に思っている。
富江の瑠美子の母親にとの申し出は嬉しいが、現在の富江に疑念を抱く。
心揺さぶられながらも再婚を断る。

太田すみれさん演じる瑠美子
健吉の娘。
内気な性格。
幼くして母親を失い、母親と同じ年頃の女性を見ると懐いてしまう。
首の後ろの汗疹とのことですが、現在ではアトピー性皮膚炎と診断されるものではないかと思います。

唯野千恵子さん演じる女中
冒頭物語の舞台背景の説明と駅へのタクシーを呼んだり、到着した事を告げるタイムキーパー的な存在でした。

『記念』
作:森本薫

男:池田論
女:Sunny
ナレーション:小林拓生

♪見覚えのある羊革ネクタイ、黄昏の駅で 胸が震えた♪
地方都市の乗り継ぎ駅が舞台の男女のすれ違い。

偶然出会った元恋人の二人、汽車の時間までついつい話し込んでしまう。
双方とも既に連れ合いを亡くしそれなりに暮らしをおくっていた。

女は亭主の実家へ身を寄せるとのこと。
辛い生活を予想した男は自分との再婚を促すがきっぱりと断る女、汽車の時間が二人を切裂く。

『葉桜』
作:岸田國士

母:岩崎聡子
娘(みやこ):鶴たけ子

淡々と続く親子の女子トーク
娘の見合い後、煮え切らない娘を問い詰める母。
好きではない見合いの相手を嫌いではないと擁護する娘。
実は暗い帰り道で傷物にされているのではないかと思っています。
破談に終わると次の縁談はうまく行くはずもない。
相手を良い人だと思い込むことで自分の心の平穏を維持しているように見えました。

そして、母親もまた同じような境遇だったのではないかと思いました。
[PR]
# by jia4de | 2018-04-28 12:44 | 演劇鑑賞 | Comments(0)